斎藤剛史の教育ニュース観察日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 学力の高い公立学校の条件

<<   作成日時 : 2005/11/07 23:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

 学力向上についてはさまざまな議論があります。しかし、公立小・中学校についてどうあるべきかは、ある程度共通するものがあり得るのではないかと思っていますが、ちょうどこんな記事がありました。
学力向上七つのカギ 公立小中の底上げ策、研究者調査
「一人ひとり異なる環境にいる子どもたちの学力格差をどう乗り越えるか。公立学校が抱える根本的な課題に取り組むため、8人の研究者が11の公立小中学校に1年近く通った。そこで見えた学力向上策のカギは七つ。「子どもを荒れさせない」「チーム力を大切にする学校運営」など、学校づくりの原点が並んだ。計算ドリルだけでは学力の底上げはできない。研究者らはそう分析している」(朝日新聞11月7日)

 記事によると、大阪市立大学の鍋島祥郎助教授らのグループの研究ということです。 詳しいことは記事を読んでもらうとして、「効果のある学校」は、家庭や地域などの影響で、不利になる子どもの学力を伸ばし格差を越える力のある学校ということで@子どもを荒れさせない A子どもを力づける集団づくり Bチーム力を大切にする学校運営 C実践志向の積極的な学校文化 D外部と連携する学校づくり E基礎学力定着のためのシステム Fリーダーとリーダーシップの存在 ――の7つの要素があるという結論です。

 簡単に言えば、授業中以外でも十分に子供に接する時間を教員が持ち、子供一人一人を大切にするという共通認識が校内にあり、教員間に信頼関係があり、さまざまな試行錯誤にチャレンジする手間を惜しまず、家庭や地域との関係が良好で、子供の基本的生活習慣への指導も十分でき、上意下逹でない真の意味の管理職がいる、、、、、、、こんな学校では、子供の学力が向上するということです。いやはや、わかっちゃいるけど、これができないから皆苦しんでいるのでしょう。

 いや、研究成果を茶化すつもりはありません。それどころか、学力向上というテーマで、このような結論を出したことに感心しています。子供間の学力格差を広げずに、学校全体の平均点を上げるという意味での学力向上のためには、教員にやる気とそれを保障する余裕があり、管理職の下で教員同士の信頼関係が構築できる雰囲気があること、そしてそれを家庭や地域が支援していることこそが重要であり、教育内容や授業時間数などはその次の問題だということです。

 免許更新制などで現職教員に圧力をかけ、管理職の十分や評価能力や公平な評価実施体制もないまま人事考課を導入し、教員定数水増しのために非常勤講師の大量導入を図り、最後には見合う仕事をしていないからと給与を引き下げる。そんな中で、家庭や地域との良好な関係は生まれませんし、教員同士の信頼性構築など難しいでしょう。

 教員の中には組織が嫌いな人が少なくないですが、学校は組織です。学校教育は組織で行われるものです。私は上の条件の中で、最大のポイントは教員同士の信頼性の構築ではないかと思います。これができない学校は、個人をいたずらにすり減らすだけです。教員は専門職です。プライドを否定された専門職はどうなるか、しょせん馬鹿な管理職、行政、親には俺のやることは分からんと自閉していくだけでしょう。

教員同士が孤立し、自閉していく中で公立学校は緩慢な死を迎える。

今の状況を見ていると、そんな危惧を抱きます。


よろしければ、クリックしてください。ブログ順位が上がると励みになります。
       ↓ ↓
にほんブログ村 教育ブログ
人気blogランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
学力の高い公立学校の条件
学力向上七つのカギはどれも文句の付け所がない答えだと思う。 しかし、この七つのカギは管理職によるところが大きいと思う。 教員を大事にしていない管理職なら必然的に(3)(4)はダメになってきますからね。 ...続きを見る
七星 来人
2005/11/11 01:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、ワタナベです。コメント&TBありがとうございます。おっしゃるとおりで先生たちがあきらめてしまうと、公立小中学校はいっきに崩れていくよう気が、私もします。その後に残るのは、塾などに頼らざるを得ないという、実質的な義務教育の有料化による、子供たちの中での勝ち組、負け組の発生です。今、フランスでは暴動がすごいですが、あれは明日の日本かもしれません。
THE義務教育
2005/11/08 13:02
こんにちは、私も現役の中学校教師です。まったくおっしゃるとおりです。私は学力=経済力だと思っております。いろいろ中学校をわたり歩きましたが、地価の高いところや持ち家率の高い地域の学校は落ち着いており学力も高いです。また、その反対の学校は学力も低く荒れております。そして、地域の協力、保護者の協力も学力に比例します。家庭環境の複雑の家庭も多く、やはり経済力が影響していると思います。日本全国に通用する理屈ではないと思いますが、首都圏ではこの法則は成り立つと思います。とにかく私たちは忍耐力を持ち続け、子供たちと向き合って行きましょう。行政なんか関係ありません。お暇なときに私のブログにも遊びに来てください。
天下無敵の問題教師
2005/11/08 21:29
ワタナベさん、コメントありがとうございます。
教員給与問題では、ずっとキャンペーンをやってらしゃって、本当に頭が下がります。私もなんとかいろいろ機会を取り上げて、訴え続けたいと思います。
カラ
2005/11/09 13:31
天下無敵の問題教師さん、コメントありがとうございます。ブログ拝見しました。なんか、よい感じですね。ある意味で、いろいろ問題はあったけど、皆がまだ元気だったころの学校現場の雰囲気がなつかしいです。これからも訪問させていただきます。
カラ
2005/11/09 13:34
はじめまして。昨年度公立小学校のPTA会長をしておりました。
昨年度・今年度と県の研究指定を受け、「未来をつくる安全・安心な学校づくり」という研究をしておりました。(焦点がぼけやすいテーマで、「地味な」研究でしたが、私も研究協力者として、何度も会議・発表会には参加しました)つい先日公表会が終わったばかりです。
その中でカラさんの今日のブログでおっしゃってる点について類似点の多いまとめがありました。それは「学校だけではもう抱えきれないことを職員同士で認識を持ち、学校が中心で地域を取り込むのではなく、地域のみなさんが学校について、もっと関心興味をもっていただくことが肝要」というものでした。
幸い、うちの校区は「地域で子どもを育てる」ということに関して、興味・協力したくださる個人・団体が、ちらほらいらっしゃるので、それをどうやって有機的に学校と結びつけていくか、それが大切なのではと私なりに今、考えています。
oribe77
2005/11/09 21:51
oribe77さん、コメントありがとうございます。
 ブログ「元PTA会長のやってきたこと、今おもうこと」は、ときどき拝見させてもらっています。
 地域や保護者との連携といっても、まだまだ教員の意識は必ずしも十分でないのが現実だと思います。地域や保護者と協力すれば、もっと楽になるよという視点で気楽に考えてもらえればよいのですけど。
カラ
2005/11/10 00:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
学力の高い公立学校の条件 斎藤剛史の教育ニュース観察日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる