斎藤剛史の教育ニュース観察日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 小学校英語は31日に結論

<<   作成日時 : 2006/03/19 13:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 4

さて今回は小学校の英語教育の問題です。ちなみに私は英語が苦手です。大学入試のために一応は勉強しましたが、大学の教養科目での英語に苦しみました。卒業してからもしばらくの間は、英語の試験で白紙のままの答案用紙を前に呆然としている夢を見てました。

全国の公立小学校93%で英語教育

●各紙とも取り上げていましたが、この数字をどう判断するかが問題です。ところで、文科省は「英語が話せる日本人の育成フォーラム」というのを17日に開催しており、この調査はそれに合わせて発表されたものでしょう。

●既に公立小学校の93%が英語教育を導入している。だから、新学習指導要領では小学校の英語教育を必修化しても問題はない、、、、、というのが、おそらくこの調査の意味するものです。

●そして、小学校の英語教育問題を審議してる中央教育審議会の外国語教育専門部会は、3月31日の会合で、小学校の英語に関する報告書をまとめます。ここで、小学校の英語必修化が出てくるのは確実なので、調査結果の公表はその露払いなのでしょうね。

●専門部会の報告がどうなるか取材していないので分かりませんが、専門紙などの報道を見ると、国際理解教育よりも音声コミュニケーションのためのスキル習得に重点を置いた内容になるようです。それにしても、教科となるか、領域となるか、それとも総合学習でやるのか、まだ分かりません。27日にも専門部会の会合が開かれるので、そこで報告案で出れば、各紙ても報道するかもしれません。

●ただ、今回の調査結果をみると、公立小学校の93%で英語が実施されているといいながらも、その実態はほとんどが学級担任による指導で、しかも6年生で年間平均13・7時間です。その内容もゲームや歌などがほとんど。これに果たして意味があるのか、、、、。

●日本は非英語圏の中で高等教育まですべて日本語で学習できるという、世界でもまれな国です。国民のほとんどは、英語が使えなくても困りません。使えたほうがいいに越したことはない、、、、という程度で、小学生全員に指導者もろくにいない状況で英語を教えることにどれほどの意味があるのか。膨大な時間と予算の無駄遣いとしか私には思えません。

●国際競争に勝つためには英語が必要なことは確かですが、私は国際競争を担う立場になったことがないので、英語が話せなくても困りませんでした。国際社会で活躍できるような英語教育は高校以降の選択にすることで十分だと思うのですが、、、、、、時代遅れなのでしょうか。

●いずれにしろ、報告が31日の中教審専門部会の会合でまとまれば、新聞に載るのは4月1日、、、、、、やはり小学校の必修化は、たちの悪い冗談だとしか思えません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
公立小学校の93%で・・・
こんなニュースを発見。 全国の公立小学校、93%で英語教育…文科省調査 小学校段... ...続きを見る
nin blog
2006/03/19 13:52
英語教育のベストな選択方法!
英語学習の本当のコツを知っていますか??こんにちは。今日は久しぶりに日曜休みでした。今回は以前書いた藤原正彦さんは自らも言われるとおり「外国語オタク」だったそうです。論理としては「小学校で英語を教える→英語がうまく話せるようになる」の方がはるかに信頼性が高い。>と書いています。紀伊国屋の売り場に書かれている。<なぜ小学校でも英語を教えることになったのしょうか。 ...続きを見る
英語教育のベストな選択方法!
2006/12/04 01:43
小学校での英語必修化 親の7割賛成
ベネッセの調査によると、文部科学省が検討を進めている小学校での英語必修化について、保護者の4人に3人が賛成しているそうです。また90%以上が「英語への抵抗感をなくす」のがその要望理由のようです。すでに、韓国やこのごろでは中国でも小学校... ...続きを見る
エキサイト翻訳 完全攻略必勝法〜エキサイ...
2007/04/01 02:41
●教員向け「英語塾」開講
2010年度から全市立小学校の5、6年生に英語科を導入する広島市教育委員会は今夏から、指導に必要な知識や技能などの教員向け研修として「英語塾」を開講するそうです。広島市立の小学生の3年生が6年生になる頃、英語の授業が導入されるということです... ...続きを見る
エキサイト翻訳 完全攻略必勝法〜エキサイ...
2007/04/05 17:36
小学生の英語必修化…親「賛成」先生は「反対」
小学生の英語必修化…親「賛成」先生は「反対」ベネッセが保護者を対象に学校で英語教育を始める時期にうちてアンケートをとったそうです。その結果、「1年生」が最も多い47・8%。「3年生」が13・5%と続き、早い時期からの英語教育を望ん... ...続きを見る
エキサイト翻訳 完全攻略必勝法〜エキサイ...
2007/05/11 18:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
トラバさせていただきました。
自分もカラさんの意見と同じで、今のまま小学校英語を導入しても、たいして効果は得られないと思います。
nin
2006/03/19 13:58
ninさん、コメントありがとうございます。小学校の英語教育は、実は英語の問題ではなくその国の人々の社会観、世界観の問題であるような気がします。

韓国やシンガポールなどアジア諸国で英語教育に力を入れている国はありますが、誤解を招くのを承知で言えば、これらの国は追いつけ追い越せ型社会、あるいは多言語のため英語ができないと日常生活で困る社会だからです。

日本はいずれにも該当しません。そこで国際競争うんぬんと言っても、、、、やりたい人だけやればというのが私の考え方なのです。英語で苦労した大人のルサンチマンを子供にぶつける必要はないと思うのです。英語が使える方がいいと思うなら、子供よりも大人がやればよい。
カラ
2006/03/20 10:09
はじめまして。人気ブログランキングから来ました。興味ある記事がたくさんあったのでブックマークさせていただきました。
MoKa
2006/03/30 15:11
MoKaさん、訪問ありがとうございます。
なかなかこまめに更新できないのですが、時々訪ねてください。また、そちらのブログのアドレスなど書いておいてくだされば、こちらからもお訪ねします。
カラ
2006/04/03 10:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
小学校英語は31日に結論 斎藤剛史の教育ニュース観察日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる