斎藤剛史の教育ニュース観察日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 教員の残業・超過勤務

<<   作成日時 : 2006/05/22 22:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

 教員は忙しいのか、本当に給与をもらいすぎているのか。評価はさまざまですが、まず学力問題と同じで、実態把握がなければお話になりません。ということで、今回は教員の労働時間についてです。

◎「超勤」1週間で平均15時間、文科省試行調査(日本教育新聞5月22日)
 文部科学省は4月に実施した教職員勤務実態調査の試行調査の結果をまとめた。超過勤務の1週間の平均時間は1人当たり15時間を超え、持ち帰り残業も約5時間に上り、1週間で60時間を超える教員もいるなど、深刻な勤務実態が浮き彫りになった。


 この前のエントリーでも紹介しましたが、公務員制度見直しの一環として文科省は教員の勤務実態調査を全国数万人規模で6月から半年間実施することにしています。この実態調査のための試行調査の結果が公表されました。試行調査の内容は、今年4月6日から1週間、関東圏の5都県を対象に小・中学校各10校、517人の教職員(事務職含む)を対象に行ったものです。

その結果は、、、、、、

●超過勤務時間(土日含む)は、
       1週間で小学校が14時間3分
             中学校が16時間41分

●持ち帰り残業が
       1週間で小学校が5時間53分
            中学校が3時間44分

●最も長い超過勤務時間と持ち帰り残業の者は、
       1週間で超過勤務は小学校が53時間0分、中学校が63時間10分
          持ち帰り残業が学校が31時間40分、中学校が26時間50分


 ちなみに厚生労働省の月間勤労統計によると、今年3月の結果は、
        1カ月間の所定外労働時間が平均10・9時間
                  うち製造業は平均17・0時間
                  サービス業は平均13・9時間
  となっています。もちろんこれは1カ月間で、1週間ではありません。


 つまり、教員は残業が多いとされる製造業の1カ月分の所定外労働を1週間でやっているということになりす。

 それにしても、土日休日だと仮定すると、1日で小中学校ともに3時間程度の残業を毎日した上に、家庭に帰ってからも1時間程度仕事をしていることになります。

 しかも、教員は残業手当なしでこれをこなしているのです。

 このような勤務実態(あくまで平均です、もちろん超勤、持ち帰りともゼロという教員もいます)が、残業手当の出る他の公務員一般職と比べ、さらに民間企業(その内実はさまざまですが)と比べて、どう評価されるべきなのでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
教員の残業・超過勤務
教員の残業・超過勤務(教育ニュース観察日記から) ...続きを見る
★自己変革への道★
2006/05/28 11:20
教師残酷物語…現代の女工哀史?
目次へ ///お好みの記事にアクセス/// ...続きを見る
小学校長のお仕事
2008/07/12 08:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんなに仕事をしてるんですか??
自分でやってて
全く実感がなかったので驚きですわ!
そういや昔は、7時に出勤して23時に
退勤する生活をやってたような気がするなぁ…
bluetrain-twexp
2006/05/22 23:25
やっぱりそのぐらいの数値は出るのですねぇ。
(ちょっと我ながらあきれます)
でも、やってますね、数えたらそれぐらいは当たり前に。
私は余裕でちょいオーバーかな。
あーあ。自慢にもならん。
みんなたいへんだよなぁ。

子安先生のHP書評(http://koyasujun.info/magazine.htm)で、「図表で見る教育(2005年版)経済協力開発機構」に触れているが、
「日本は約4万5千ドルで5位。アメリカは6位。給与と授業時間数を計算すると、日本の教師は授業時間数が多いので給与としては5位だが平均の中に入ってしまう」
というくだりを思い出した。
yo
2006/05/23 23:16
bluetrain-twexpさん、yoさん、働きすぎには注意しましょう。といっても仕方ないか、、、

労働時間が長いとだんだん感覚が麻痺してくるんですよね。私も経験があります。

何と言っても健康第一。みなさん、体だけはきをつけてください。

それにしても、教職調整を廃止して残業手当をつけるようになったら、いったいどれだけかかるのでしょうか。
カラ
2006/05/24 01:35
民間に比べたら、ずいぶんと少ないんだね。
セイジ
2008/06/12 14:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
教員の残業・超過勤務 斎藤剛史の教育ニュース観察日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる