斎藤剛史の教育ニュース観察日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 本年もよろしくお願いします

<<   作成日時 : 2007/01/06 17:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

 遅ればせですが、明けましておめでとうございます。本年も教育ニュース観察のブログを続けていきますので、よろしくお願いします。

 教育基本法も盛り上がりを見せないまま改正され、今年の教育関係の大きく動き出しそうです。ただ、学校現場の苦労は依然として変わらず、さらに学校や教員に対する社会の不信もますます募っているというのが現状でしょう。もう、どうでもいいやという気にもなってくる。


 でも、社会をより良いものにしていくためには、答えがみつからない閉塞状況の中で、あきらめず、逃げ出さず、そしてくさらずに努力していくしかない。
 答えや解決方法が見つからない閉塞感が続くと、とかく日本人は極端に走る傾向があるようです。
 すべてをあきらめて個人の殻に閉じこもるか、勇ましいことを言う人間に無条件で全権委任するか、あるいは気に入らないものすべてにやつ当たりして不満の固まりになるか、、、そんな選択からは、ろくな社会は生まれません。


 年末年始のニュースの中で、私が一番ショックを受けたのはイラクのフセイン元大統領の死刑執行でした。私は死刑廃止論者ではありませんが、フセインにはまだまだ裁判で明らかにしなければならないことはたくさん残っていたはずです。
 死刑執行にはさまざまな政治的思惑があるのでしょうが、簡単に言えば、彼を裁き続けるというストレスに米国もイラク現政権も耐えられなかったのでしょう。これは危険の兆候です。


 翻って日本を見れば、学校や教員に対するバッシングは激しくなっていくのに、学校教育を良くするための丁寧で慎重な議論は全く行われていません。国民全体が教育に関心を持ち、その将来の心配していると言いながら、誰もではどうするのかという議論−それは複雑で簡単に答えが出せない議論ですが−を望んでいないかのように見えます。
 おそらく、現在の日本社会の多くの人々が簡単に答えの出ない複雑な問題を丁寧に議論していくというストレスに耐えられなくなっているのではないでしょうか。


 でも、、、、、子供たちは目の前にいます。

 あきめらず、逃げ出さず、そしてくさらずに、自分のなすべきとこをしていかなければならない。それの結果が、いくら不毛の連続であろうと。私は、そう思いたいのです。




 もっとも十数年前に、怒りに任せて上司に辞表を叩き付けた私が言っても、まったく説得力がありませんが、、、、、、


○やっとサイドバーのリンクの貼り方を覚えました(汗。当ブログにリンクを貼っていただいている方はアドレスをお知らせください。こちらも表示させいていただきます。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
教職についていますので、貴ページを読んでいると胸に突き刺さる言葉も出てきます。
勉強のために度々訪問させていただきたいと思います。
私のブログにリンクを貼らせて頂きましたので了解下さい。
アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yoshiokahisayuki/
です。
hisa
2007/01/07 03:51
あけましておめでとうございます。

教育に対する風当たりがきつくなっている中(もちろんすべてが不当な風当たりだとは思っていませんが),貴ブログを拝見すると,温かな心と希望を感じます。感情的にならずに事態に向かっていくことの大切さを感じます。
これからも記事の更新を楽しみにしています。
lunar_cat
2007/01/07 11:01
今年もよろしくお願いします。

今の日本で議論することは「総論賛成、各論反対」の風潮を止めることだと思っています。
科学的に言うとエントロピーは必ず増大する方向にあります。(規則的な者から不規則的な者へ、固まりから個々へ、宇宙は広がり続ける)でも、宇宙ですら広がりながらも均一でなくガスが集まり銀河を作り星を作っています。自分勝手なことばかり言う時代から一つの形あるそして命が生まれる決まりを作っていく時代に入ったと思っています。
so
2007/01/07 17:17
斎藤さん、こんにちは。はじめまして?
redu06と申します。小学校教員です。
http://plaza.rakuten.co.jp/gakkodx/

冷静な教育論議を拝見させていただいております。

答えや解決方法が見つからない閉塞感が続くと、とかく日本人は極端に走る傾向があるようです。
>すべてをあきらめて個人の殻に閉じこもるか、勇ましいことを言う人間に無条件で全権委任するか、あるいは気に入らないものすべてにやつ当たりして不満の固まりになるか、、、そんな選択からは、ろくな社会は生まれません。

よくわかります。自分も時々そうなりそうです。どこか、突破口を探したいと思っています。

勝手に私のブログからリンクを張りました。お許しください。
redu06
2007/01/08 18:24
いつも貴重な情報を楽しみにしております。
現場の教員が,喧嘩の仕方をあまりにも知らなすぎるのも問題です。上手な喧嘩の仕方を一生に実践しています。
私のブログにリンクを張らせていただいております。
アドレスは
http://edublog.jp/keyboy/
です。
鍵の管理人
2007/01/08 20:42
教育基本法の改正について記事を書いています。良かったら読んでいただいて、意見・感想をいただけると嬉しいです。
七星 来人
2007/01/12 01:10
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

バッシングが激しいのは仕方ありませんがバッシングしか思い付かない様になる教育や思想の道筋のつけ方がとても問題なのだと思います。

何を出来るか未だに分からないので何が出来るかをもう少し良く考えてみたいと思います。
Rudo
2007/01/13 15:17
皆さま、コメントありがとうございます。アドレスを書いていただいたところには、こちらからもリンクを貼らせてもらいました。

何はともあれ、今年は大変な一年になる予感がします。
カラ
2007/01/15 03:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
本年もよろしくお願いします 斎藤剛史の教育ニュース観察日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる