斎藤剛史の教育ニュース観察日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 全国学力テストと競争主義・主張編3

<<   作成日時 : 2009/01/02 01:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 明けましておめでとうございます。風邪をひき、文字通りの寝正月となっています。

 この件について、貴重なコメントありがとうございます。私の至らない考え方に意見をいただき重ねて感謝いたします。ここで、コメントに対する私の考え方を説明したいと思います。

 私自身も学校支援施策と公開をセットにするというのは、実は理想論だと思っています。しかし、始まってしまった学テをいまさら文科省がやめるわけはないでしょう。そして、情報公開の流れや社会の学校不信を背景に、学テの成績公開の動きはさらに広がっていくことも確実でしょう。

 このままいけば、syougakukyouinさんの言うような事態が学校現場で必ず起きると思うのです。ただ、社会全体が昭和の学テ騒動のようなことになるのかどうか、、、それは分かりません。以前に比べれぱ日本の社会ははるかに成熟しています。無責任な言い方を許してもらえるならば、その時に社会全体がどんな反応を示すのか、すごく楽しみなのです。

 ある意味、「ゆとり教育批判」や「学力低下」で社会全体が盛り上がった時代は、既に「古きよき時代」になってしまったのかもしれません。恐らく、最悪のシナリオは、社会全体が教育に無関心なまま、学校現場だけが荒廃していくことでしょう。

 では、どうすればよいのか。yoさんが「具体的には、地域の問題があると思うのに、それを学校に負わせていく側面を強調するようにも聞こえます」とおっしゃるように、学校だけでは解決できない問題が現在は多すぎます。

 学校同士を競争させることで、そんな問題も解決できるという競争主義は、あまりに楽観的です。

 ただ、例えば教員の努力や学校経営の改善など学校だけで解決できる問題なのか、学校だけで解決できない問題なのか、、、、、それを誰がどう判断すればよいのでしょうか。一義的には校長をはじめとする教員、そして行政機関としての教育委員会でしょう。しかし、それが十分に機能していないから現在の状況があるのではないでしょうか。

 例えば、さまざまな事情からどうしても学力が低い地域、学校がある。教育委員会もそれを分かっている。では、そこに予算や人員を手厚く配分するとい行政として当然の手法が、実際に行われているでしょうか。

 すべての学校に十分な資源を配分するというのが理想ですが、これからの時代にそんなことは求めても無理でしょう。また、学校だけで地域の問題を抱えることになるという批判も当然です。地域や家庭を巻き込んだ施策が必要ですが、これからの格差社会で、教育は子供たちにとって社会を生き抜くためのセーフティネットとなることを考えれば、やはり学校がやらなけれならない部分が大きいと思います。

 学テの町村別・学校別の成績を公開するということは、どこに集中的に資源を配分すればよいのかを見つけ、それを社会的に納得させるため指標としていくしかないのではないか、、、、、

 もちろん、その際に学校経営や教員に問題があるのかどうかを判断することは必要になることは思います。そして、それが学校経営の改善や教員の努力などで解決できない構造的な問題であると判断されたら、そこに資源を投入する。

 いささか語弊のある言い方ですが、「馬鹿な学校ほど予算や人員がついてもうかる」ということを社会全体が許容するならば、学テの地域別・学校別の成績公開もあってよいのではないか、、、、ということです。

 こんなことを言うと批判されるのは分かっています。しかし、このまま進めば、いずれ敗者が浮かび上がれない時代になるでしょう。そうではなく、敗者をつくり出さない社会にすることが必要なのではないでしょうか。私は、学テの成績公開に反対する意見の中に、敗者をつくらないという温かい眼差しよりも、現実に敗者が存在することから目を背けようとする冷たい眼差しを感じるような気がしてならないのです。

 もちろん、理想論です。一番の現実的な選択は、学テの一斉テスト方式をやめて、統計的に学力動向を把握できるに十分な抽出調査に切り替えることでしょう。

 ただ、「馬鹿な学校ほどもうかる」ということを教育行政が率先して実現すれば、もしかしたら敗者をつくりない社会に向けた一歩になるのではないか、、、、そんな夢を見ているだけです。


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
夢オチですか・・・。
夢、理想、それはそれで大事ですが・・・。

行政のシステムを改善するよりも、学テの土俵で行政リードを期待するという方が私には非現実的だと思っています。
第一、学テは国、学校は地域ではないでしょうか?

ま、だからといって、私にもどの行政レベルも変革する直接的な力はありませんが・・・。

私は現場人なので、当事者が悪いように巻き込まれない最大限の努力をするのみです。
行政側のいうことを、実践をもって、できるだけ無効化していくのみです。
yo
2009/01/06 17:51
また放置ですか。
ざんぎ
2009/02/28 13:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
全国学力テストと競争主義・主張編3 斎藤剛史の教育ニュース観察日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる