特別支援教育と高校の関係

 小学校長のお仕事ブログなどで特別支援教育について触れておられました。特殊教育から特別支援教育への転換、、、、これが文部科学省の方針なのでが、なかなか現場での対応は難しい点が多々あります。同じことを外野の私が言っても仕方ないので、これについてはこんな話を。
首都圏の高校に在籍する軽度発達障害生徒
「東京学芸大学では、高校に在学するADHD,LD、アスベルガー障害、高機能自閉症などの発達障害者の、学習状態を調査した。調査は、昨年12月から今年の1月末まで、国公立付属高校450校、都立高校72校、専修学校高等課程49校、フリースクール等59校に郵送で実施。その31%の175校より回答があった。回答の中で、一番多かった順番では、軽度知的障害、LD,AD/HD、高機能自閉症、アスベルガーの順番だった。 この中で、LD的特長を持つ生徒は「聞く」「話す」「書く」「計算する」「「推論する」ことに勘案を有する生徒がまんべんなくいることが分った」(現代教育新聞)

 この記事では、どの程度の問題が具体的にあるのか書いてありませんし、基になっている調査もみつけることができませんでした。ただ、特別支援教育で注目されている経度発達障害児と高校教育の関係というのは、実はすぽっと制度の谷間に落ちてしまっている問題なので、これを取り上げたことは重要だと思います。ADHDなどの軽度発達障害が広く認知されるようになり、小・中学校ではまがりなりにも対応が進められています。しかし、知的障害とは異なり経度発達障害の子供たちは普通の高校に進学しているのです。ところが、義務教育ではない、入試があるなどの理由で、高校現場では一部の定時制などを除いてほとんど対策が取られていません。

 先の文科省の問題行動調査では初めて高校生の不登校の実態が明らかになりましたが、私は不登校生徒や中退者の中に少なくない割合で軽度発達障害の子供がいるのではないかと推測しています。学習障害、ADHD、アスペルガーなどの軽度発達障害児への対応が義務教育段階で今後進めば、高校現場での対応の差がより問題になってくるでしょう。ですが、文科省の特別支援教育に関する報告書もその必要性を指摘するだけで、具体的対応策を提言するまでには至っていません。

 ある精神科医に聞いた話ですが、患者にアスペルガー症候群の子供がいて、その子は有名な私立中高一貫校の生徒です。しかし、授業で教員が何を言っているのか全く理解できないそうです。その代わり、帰宅してから自分で勉強しているので成績は優秀ということです。アスペルガーやADHDの特徴の一つに、一斉授業や号令のように多数を対象にした呼び掛けやコミュニケーションが理解できないということがあります。自分のみに向けられた言葉は認識できるが、自分を含めた多数に向けられ言葉が認識できない。その一方で、視覚認識や空間把握能力が優れています。ADHDの子供とのコミュニケーションで絵文字を使うなどはこれを踏まえたものです。しかし、こんなことを知っている高校教員は非常に少ないでしょう。

高校でそんなことをする必要があるのかという意見もあるでしょうが、高校進学率を考えれば、これは実際には大きな問題であることが分かると思います。


よろしければ、クリックしてください。ブログ順位が上がると励みになります。
       ↓ ↓
にほんブログ村 教育ブログ
人気blogランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

momodango
2006年02月08日 08:09
高校と軽度発達障害については、ほんとおっしゃるとおりです。小中でどんどん進行形でありながら、推進されています。しかし高校はさらにその後。それでも教師も生徒も毎日苦悩を続けている現状があります。大学は全入時代を迎えて、軽度発達障害の生徒の大学進学率も高くなってきて、その間にも生徒は卒業し、大学にも社会にも出て行きます。そこでもコミュニケーションのスキルを重ねないで。社会人のコミュニケーショントラブルの多くは、推測ですが彼らの可能性が高い。そういう意味でも文科省は早急に整備を進めてその対策にあたるべきだと思います。
runrun
2007年02月07日 19:43
大学院で、軽度発達障害の生徒が普通高校に進学する歳の問題や高校生活上の問題について調べている途中ですが、全く闇の中、という感じで困っています。高校による意識の差、小中学校で止まってしまっている支援、いったいアスペルガー障害など、知的な遅れの内軽度発達障害の生徒さんたちはどこへいけばよいのでしょう…どなたか先進的な取り組みをご存じでしたら教えて下さい。
2007年02月07日 23:05
コメントありがとうございます。一般児童生徒の約6%といわれる軽度発達障害への対応ですが、私の知る限り高校では定時制が個別の生徒に対応する形でやっているだけで、高校全体ではほとんど取り組まれていません。ただ、福島県教委が高校での特別支援教育の在り方で報告をまとめていた記憶があります。また、月刊高校教育の今年2月号が特別支援教育の特集を組んでいました。

この記事へのトラックバック

  • アスペルガー症候群の特徴とは?

    Excerpt: アスペルガー症候群の特徴。*注意*アスペルガー症候群に関わらず、一人一人のあり方は個々の例でしかあ... Weblog: アスペルガー症候群 racked: 2007-04-11 05:06
  • アスペルガー症候群とは

    Excerpt: アスペルガー症候群とは?アスペルガー症候群とは(アメリカ精神医学会の診断基準DSM-IV-TRではアスペルガー障害といわれています)発達障害の一つであり一般的にアスペルガー症候群は【知的障害のない自閉.. Weblog: アスペルガー症候群の特徴 racked: 2007-05-14 00:19
  • アスペルガー症候群と高機能自閉症

    Excerpt: アスペルガー症候群の症状アスペルガー症候群(アスペルガー障害)と高機能自閉症は同じものかどうか?という説がありますが、高機能自閉症は一般的に知的障害の(ほとんど)ない自閉症とされ、アスペルガー症候群(.. Weblog: アスペルガー症候群の特徴 racked: 2007-05-14 14:08
  • アスペルガー症候群のコミュニケーション上の障害

    Excerpt: アスペルガー症候群のコミュニケーション上の障害アスペルガー症候群(アスペルガー障害)等ではない非自閉症の人間は他の者の雰囲気や様子からその人の感情・状態を読み取る事が出来ます。しかしアスペルガー症候群.. Weblog: アスペルガー症候群の特徴 racked: 2007-05-16 11:04
  • アスペルガー症候群の診断その2.コミュニケーションの技能

    Excerpt: アスペルガー症候群の診断その2、コミュニケーションの技能アスペルガー症候群は一般的に言語や知恵の遅れなどはないと言われています。こちらではアスペルガー症候群のコミュニケーションの技能の診断となっていま.. Weblog: アスペルガー症候群って何? racked: 2007-05-25 07:56
  • 僕の歩く道【アスペルガー症候群情報】

    Excerpt: 先日僕の歩く道という大人の自閉症の人のドラマを見ました。このドラマは草なぎ剛さんが大人の自閉症の方を演じています。アスペルガー症候群は自閉症の持つ特徴の一部が現れているので見た目は健常者と変わりなく見.. Weblog: 【アスペルガー症候群情報】 racked: 2007-07-18 19:16