日々雑感・新文科相インタビュー

 3日夜のNHKニュースの新閣僚に聞くは、小坂文科相でした。私は全く知らない政治家なので、どんなことを言うのか興味があったのですが、、、、、いけませんねぇ。

 当然、質問は義務教育費国庫負担金の扱いとなるわけですが、「中央教育審議会の答申を真摯に受け止める」というのはよいとしても、すぐ後に「閣僚として三位一体改革を推進しなければならない」とくる。まぁ、仕方ないところでしょう。

 が、問題は義務教育費国庫負担金の扱いについて、11月末のタイムリミットまでには必ずよい結論が得られるというような趣旨の発言をしたこと。昨年の政府・与党合意では、義務教育費国庫負担金の扱いは中教審で審議するということになっており、所管大臣としては中教審答申が結論であるとしなければ筋が通らない。

 就任したばかり、それも大勝した小泉改造内閣の新閣僚であれば、これもまた仕方ないところではありますが、、、、、、、文科相自らが中教審答申の効力を否定するようなことを言ってはいけないですよ。まあ、事務方は既に政治決着に向けて動いているから構いはしないのですが、やはり筋がねぇ、、、、、。中教審の主要メンバーはまたむくれるでしょうね。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック