教員給与と残業手当(時間外手当)

 ここに来ていただいた方を見ると、「残業手当」というキーワードで検索されている方が目立ちます。
 教員給与に残業手当を導入する、という報道が過去にちらちら流れているためでしょう。やはり、なんだかんだ言っても給与は、大事な問題です。

 で、本来ならここに書かなければならないのですが、いかんせん時間がありません。よって仕事で書いた残業手当(時間外勤務手当)の検討状況に関する記事をリンクさせておきます。

 「続・教員給与制度の見直し~中教審で残業手当導入を審議」

 要点を言えば、

○文部科学省は、中央教育審議会で教員給与に残業手当(時間外勤務手当)を導入する方向で検討している。

○できれば2009年夏までに結論を出し、2010年度概算要求に反映させたいと考えている。

○ただし、もともとが人件費削減から出た話なので、残業全部に手当がつくことはない。

○残業手当の対象となる勤務は、管理職の職務命令によるものでなければならない。よって、教員勤務に関する管理職の管理が強化されることになる。

○しかし、それは自律性・自主性という教員の仕事とは何かという問題にもかかわるので、難しい議論になっている。


 というところでしょう。

 今はなかなか時間が取れないので、来月になりましたら、本格的にニュース観察を再開していきたいと思います。

この記事へのコメント

同業者某
2008年11月26日 17:27
>来月になりましたら、本格的にニュース観察を再開していきたいと思います。

本当ですね?!
ざんぎ
2008年11月27日 21:57
どうせまた放置でしょ。
出来ないことは書かないこと。
同業者某
2008年12月06日 13:53
おっ、ちゃんと更新してるじゃないですか。

この記事へのトラックバック