高校の新学習指導要領は年内に公表

 完全に年末体制にのみ込まれ身動きできない状況です。しかし、12月からきちんと更新するといった手前、12月初日から何もしないわけには、、、、

 ということで、高校の学習指導要領の話題。えっ、、、、誰も高校の新学習指導要領が出ていないことを気付いていなかった?

 まあ、小・中学校に比べると、関心が薄いですね。

 文科省幹部によると、高校の新学習指導要領は年内に公表。それからパブコメを経て、今年度内に告示というスケジュールです。本当は11月中にも公表という話もあったのですが、、、、誰も急いでないようですね。

 というのも、小・中のようなマスコミが騒ぐ大幅な改正点がないからです。世界史は今回も必修。卒業最低単位は74単位のまま。新教科の創設もなし。

 ただ、各教科の科目は英語などを中心にずいぶん変わりますね。

 理科は「理科基礎」や「総合理科」が廃止され、代わりに「科学と人間生活」という科目が必修となります。ただし、理科の各分野のうち3分野の基礎科目を履修すれば、「科学と人間生活」は履修しなくてもよいとなります。

 などなど、中教審答申の内容とほんど変わらない見通しです。

 だから、注目されるのは、小・中学校の時と同じように、パブリックコメントを反映したという形で、
どれだけ与党の意見が新しく入ってくるか
ということですね。

 高校の新科目がどうなるのかは、この中教審答申を見てください。一番最後のページに新旧の科目対照表があります。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック