全国学力テストと競争主義・質問編

 ある教育雑誌にジャーナリスト、学者、官僚OBなどが匿名で交替に書いているコラムがあります。私もそのメンバーの一人で、そこでも書いたことなのですが、、、、、全国学力テストと競争主義という問題をどう考えたらよいのか。

 現在、文部科学省の全国学力テストの結果の中から市町村別の平均正答率を公表すべきかどうかということが議論されています。

 大阪府の橋下知事のいかにも大阪らしい「やんちゃ」な発言が発端ですが、教育関係者は反対、一般社会は賛成という流れのようです。

 で、私はどう考えているのかを言う前に、このエントリーを読んでくださっている方に質問したいと思います。


 (問題)
 全国学力テストの結果、A小学校は全国平均点をはるかに上回る成果を上げた。またB小学校は、全国平均点とほぼ同じ成績だった。そしてC小学校は、全国平均点を大幅に下回った。3校はすべて同じ市の公立小学校である。
 全国学力テストは、学校間で競争させることで学校教育の水準を上げるものだという意見を踏まえた時、あなたはこの3校にどう予算配分しますか。


 正解などはありません。信賞必罰、競争主義、市場原理、公立学校の教育の特性などいろいろな考え方があると思います。

 A=予算増額、B=現行維持、C=予算削減、、、、などと回答してください。

この記事へのコメント

たんこぶ
2008年12月06日 15:07
点数に応じた配分ではなく、それぞれの学校に対し、表われた結果の理由と今後の課題と対策、目標を論じさせ、その内容に応じて予算配分します。
nobu
2008年12月06日 19:07
市の学力をあげるためにはC校の得点をあげなければならない。
A=現行維持、B=予算減額、C=予算増額
yo
2008年12月07日 11:04
A、B、C=現行維持
予算措置をニンジンに見立てた競争は不公正なのでしない。
教委は各学校の特性と捉え、経済、社会的な情勢も踏まえた上で、学校における有効な対応策をバックアップしていく。
同業者某
2008年12月10日 18:46
意見が一段落したようなので、混ぜっ返し。
A校=お金をかけずに学力向上ができることが証明されたので、予算削減。
C校=成績が低い罰として、予算削減。
B校=市にお金がないので、予算削減。
honey0104
2009年01月14日 16:08
学力テストと予算をすぐに直結させる考え方は、良くないと思います。それぞれの学校が、どこに力をいれたらいいか現場の声を聞いて、予算をつけるのが正当だとおもいます。どこに問題点があるのか、客観的に判断していただける専門家が意見を言うという機関があるといいと思います。
とおりすがり
2009年06月12日 11:39
A 学校予算削減、教員給与増額
B 現状維持
C 学校予算増額、教員給与削減
2011年10月19日 12:58
すべて予算削減

この記事へのトラックバック