グローバル対応で外国人ALTを教員に―特別免許活用で

ごぶさたしておりした。ブログは休んでいるつもりだったのですが、気になるニュースが一つあったので。

文部科学省は、「特別免許状の授与に係る教育職員検定等に関する指針」というものを策定し、6月19日付で都道府県教委などに通知しました。

中身は結構驚きです。グローバル化対応で英語教育の充実が叫ばれ、小学校からの英語の教科化、国際バカロレア認定高校、スーパーグローバルハイスクールの指定などを文科省は進めていますが、課題は使える英語を教えられる教員がどれだけいるかということです。

そこで登場したのが先の指針です。簡単に言えば、教員免許がない外国人や海外勤務経験者などに特別免許状を交付して、正規の教員に登用できる道を開くというものです。特別免許状による正規教員なので、英語以外でも道徳、特別活動、総合的な学習の時間などの指導ができます。

特別免許状は、教員免許を持っていない民間人を活用するため規制緩和の一環として創設された制度で、都道府県教委が授与します。ただ、雇用と免許状の交付が実質的にセットとなっているので、あまり活用例はありませんでした。これを英語を教えるための外国人採用に活用しようとというわけですね。

私は、公立学校の教員には日本国籍が必要とは必ずしも思っていないので、これ自体には特別批判はありません。

しかし、、、、

指針の内容を見ると、

「指導計画・指導案・教材の作成、指導方法・指導技術に通じていないと考えられので」、日本人教員が指導案などを書いてあげなさい。
「基本的な日本語力が不十分」な特別免許所有者には、学校が支援しなさい。
などと書かてれいます。

このほか、このタイプの特別免許所有者は、全教職員の「5割以内」とすること。さらに、英語教育やグローバル教育などの研究開発学校、教育課程特例校は「この限りではない」としています。

これってあまりにも、、、、、。大阪府ではもうやっていることですが、文科省の今回の基準は大阪よりもかなり緩いです。もうグローバル化対応を掲げされすれば、何でもありということなんでしょうか。


指針が例示した特別免許状の授与条件などから、主に外国人ALTが念頭にあることは間違いないでしょう。また、外国籍の人間は、教諭にはなれないので「任期なしの常勤講師」となるのでしょうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

完答の非正規英語教員
2017年12月06日 18:04
JETのALTの給与は30万、非正規教員の平均給与は22万です。非正規の仕事は量、質ともにALTの5倍です。法外なALTの給与はバブル期のままです。非正規の教員の給与の方がはるかに少ないのはあまりに理不尽でおかしい。外国人助手を増やして税金の無駄遣いするのではなく、優秀な非正規を増やして少人数で指導す
べきです。JETの指導でも少人数であれば英語は向上します。何より1人年360万という税金の無駄遣い。月20万が妥当です。
少人数指導の方がはるかに英語力はつけられます。その分理不尽な待遇の昇給なしの非正規にその分の給与は支払われるべきです。

手島梨乃
2020年05月10日 21:26
斎藤様

突然のメール申し訳ありません。
私は愛媛県西条市に住む主婦です。
一年前に西条市の中学教諭と子連れ再婚をしました。

再婚する前に彼は『教員の裏事情』と言いながら様々な嘘をついていました。

その嘘には中国人差別を用いたもの(私の以前の夫が中国籍だったため)
自分が勤める中学校の同僚の名前まで用いたものなどでした。

最も辛かったのは
父親が中国人で孫の苗字なら娘さんは県立高校へは受からないよ。公務員にもなれないよ。これは教員にしかわからない裏事情だから。
と言う嘘でした。(まだたくさんあります)

彼と再婚したあとも、『日本姓になって
娘の進路も就職も安心だね』とも言いました。

再婚してからの一年間は、
連れ子に対する中国人差別発言
モラハラ、DVと
また子供の好きな教員の悪口をわざと言って泣かすなど、たくさん子供を傷つけました。

持ち出し禁止書類をわざわざ娘に見せたりもしました。
進路関係の表
学力テスト結果表
昔の高校への願書のコピー
家庭環境などが書かれてある引き継ぎ
などです。

先月、彼の異常さに心底気付き、警察に警告をしてもらい、私と子供は逃げました。現在も避難先にいます。

警告してもらった日は身の回りの物しか持ち出せなかったため、子供のランドセルや教科書などは置いたままです。

第三者を通して学校用品を引き取りに行こうとしたら、警察に警告を受けたのにも関わらず私への面会の要求や復縁を要求するようなことをまだ言ってきました。

そして、結局私に会えないと分かると今度は、学校用品の持ち出しを拒否してきました。

学校も再開すると言うのに
学校用品すら持ち出しさせてもらえません。
教員なら、ランドセルや教科書がないことがどのくらい不便か分かるはずですよね。なのにそれを引き換えのように私への面会をしようする。

仮にも彼が自分から受け入れた子供かつ一生徒です。

この一年、2人の子供たちは中国人とのハーフと言うことで差別発言をされ、また教員としてあるまじき行為や発言により、傷つき、特に中3の娘は教員不信にまでなっています。

また彼は以前の婚姻中に、勤め先の中学校の生徒とも親密な交際をしています(以前の離婚裁判記録に書かれています)

今、私なりに、たくさん証拠も集めました。離婚も拒否されています。

不安な日々の中

学校用品を渡してくれない子供が不憫です。

こんなことがあるんだとどうしてもお伝えしたかったです。

愛媛県西条市 
手島梨乃
その後
2020年05月16日 12:25
その後、教育委員会を通じて荷物の持ち出しができました。
なによりです。
恐れ入りますが前回のコメントの消去をお願いいたします。

この記事へのトラックバック