テーマ:学習指導要領

高校の新学習指導要領は年内に公表

 完全に年末体制にのみ込まれ身動きできない状況です。しかし、12月からきちんと更新するといった手前、12月初日から何もしないわけには、、、、  ということで、高校の学習指導要領の話題。えっ、、、、誰も高校の新学習指導要領が出ていないことを気付いていなかった?  まあ、小・中学校に比べると、関心が薄いですね。  文科省幹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中教審が教員免許更新制で報告

 教員免許の更新制の制度設計を審議しているのは中央教育審議会の教員養成部会ですが、ここの報告がまとまったようです。ようですというのは、文科省のホームページではまだ案という形で掲載されているからです。  ただ、当日の会合を取材した人間に聞いたところ、報告として了承され「報告(案)」の案の文字が取れたということです。つまり、報告を上の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

授業時間数10%増は数字のマジック

 学習指導要領改訂のニュースが日刊紙でもどんどん流れるようになりました。ネタもとは中教審の教育課程部会の会合を各社とも傍聴取材しているので、取り上げる事項のウエートの違いはあれ大筋はどれも同じです。  また、中教審の議事録もどんどん最新のものがアップされるようになりました。これをマスコミ的に解釈すると、「ゴールが近い」ということです。…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

学習指導要領の改訂はいつか

 忙しいです。フリーターのような暮らしをしていたフリーライターには、地獄のような日々です。ということで、今回は簡単にすませます。この前も原稿も書かずにブログ更新しているのを見つかって編集者に怒られてしまいました。  で、次の学習指導要領の改訂はいつか、、、、、という話題です。  ○「言語力」全教科で育成…中教審方針(読売新聞…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ゆとり教育と学力

 さあ、一部の人たちにはまた困った結果が出ましたね。高校の学力テストの結果です。正確には、学力テストではなく「教育課程実施状況調査」といい、学習指導要領改訂の資料とするため数年おきに抽出調査で実施されます。 ◎高3学力テスト、「ゆとり世代」で結果改善 文科省(朝日新聞04月13日) ◎高3学力低下歯止め、ゆとり世代初の全国テ…
トラックバック:3
コメント:5

続きを読むread more

道徳は教科化か新教科か

 教育再生会議の第一分科会の動向で、道徳教育の改革があります。以前のエントリーでは少し触れましたが、第一分科会の資料が公開されたので見てみると、どうやら単なる保守的な道徳教育の充実ではないような気がします。 ○マスコミ報道には偏見があったのではないか。 ◎道徳、「教科」に格上げ案 教育再生会議分科会が提言へ(朝日新聞03月3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道徳の教科化報道の狙いは

 ごぶさたしました。年度末で仕事がかなりハードでした。その間に世の中はいろいろと動いているようです。教科書検定というメジャーな話はほかに任せるとして、ちょっと遅れましたが道徳教育の話を。 ◎統一地方選前のアドバールーンではないか?  ○道徳、「教科」に格上げ案 教育再生会議分科会が提言へ2007年03月30日  ○道徳の教…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

続・学習指導要領の改訂時期と内容

 今回は学習指導要領の改訂について。 ○小・中学校の新学習指導要領告示は来年度末ごろか ◎学習指導要領改訂「再生会議にとらわれず」 中教審部会(朝日新聞年03月16日)  ちょっと前のエントリーで、学習指導要領の告示は今年の秋から年末くらいと予想を述べましたが、上の記事によると中教審では「夏ごろに中間まとめをし、年…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

学習指導要領の改訂時期

 なんか面倒なことばかりで忙しいです。というわけで、今回は簡単に。  文科省はいろいろなシンポジウムや研究協議会の類を開きます。私のようなものが取材に行くときに、一番注意するのが研究協議会などの内容よりも冒頭にある文科省の幹部や担当者の挨拶や行政説明です。  しかし、これがなかなか分かりづらい。というより、官僚は決定事項以外…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

全国学力テストの予備調査

 今年4月から小学校6年生、中学校3年生を対象にした全国学力テストが文部科学省によって実施されます。これに対する社会の反応を見ると、過去の学テ騒動が全く嘘のようです。社会では学力テストの実施を肯定的に受け止める声が多いようですね。  全国学力テストへの批判、あるいは賛成意見は多く出されています。しかし、全国学力テストがどのようなも…
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more

履修不足・必修逃れが招く危ない将来

教育基本法改正の話をしようと思ったのですが、気力がわかないのでまたいずれ。で、高校の履修不足・必修逃れ・未履修の一連の問題について、まとめというか総括をしようと思います。というのも、、、、、この問題を契機に教育基本法改正とも関連して、なんだか世の中が危ない方向にいきそうなのが気になるからです。 ◎履修漏れ、私立校の22%に 計66…
トラックバック:7
コメント:4

続きを読むread more

必修科目が多すぎるというのは本当か

高校の履修不足・必修逃れ問題では、学習指導要領に違反した高校を批判する声と同時に、大学受験のために必修科目をごまかさなければならないほど、今の必修科目の縛りはきつ過ぎるという声が多くあります。 本当でしょうか? 高校教科・科目の必修単位数の経緯をみると、これまで一番多かったのは、昭和35年告示の学習指導要領で、68単位ありま…
トラックバック:3
コメント:8

続きを読むread more

私立中高一貫と履修問題

高校の履修不足・必修逃れの問題は、前のエントリーで区切りをつけました。ただ、前のエントリーに書いて、修正後に削除したものがあり、もう一回それに触れておこうかと。書く気になったのは、このようなニュースをみつけたからです。 ○履修不足:世界史B、中3年で履修…中高一貫の私立茨城高(毎日新聞)  私立茨城高校(水戸市)で、3年生の17…
トラックバック:2
コメント:10

続きを読むread more

履修不足・必修逃れの結末と今後

 もういいやと思いながらも、一応この問題に区切りをつけておきたいと思います。 ◎必修科目履修漏れ、救済策を正式決定 文科省(朝日新聞) ということで一応の決着がついた。で、その文部科学省の通知はこちら。 ○なんで補習70時間が目安で、50時間まで軽減されるのか。  マスコミの説明も分かりづらいところがあるので、説明を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

履修不足、必修逃れと騒ぐ前に考えよう

なんか、必修逃れ、履修不足に対する騒ぎを見ていたら、もうどうでもいいやという気分になってきた。いや、どうでもよくないのですけどね。 マスコミはじめ社会のみなさんは、正義を振りかざし、公立高校関係者を先祖代々にわたって処分しろとおっしゃる。当然ですけど、なぜ、、、、 そもそもなんで世界史をやらないのがいけないことなの。理由は、…
トラックバック:5
コメント:3

続きを読むread more

履修不足・必修逃れQ&A

 今日も起きて新聞をみたら、また高校の履修不足・必修逃れはさらに大きな扱いに。あるブログでは耐震偽装になぞらえて、『教育偽装問題』と名付けていました。うまい、、、いや、感心している場合ではない。  ネットをいくつか回ってみると、いろいろと共通する疑問も多いようなので、私なりにそれに答えてみようと思います。  ○こんなに規…
トラックバック:11
コメント:5

続きを読むread more

高校の履修不足・必修逃れで問われること

高校の単位履修不足問題は、雑談でスルーつもりだったのですが、マスコミの扱いがこれほどになってくると、何もしないわけにもいかないですね。 ○高校必修逃れ、35都道県249校に拡大(読売新聞) ○受験重視、指導要領と溝 「必修漏れ」拡大(朝日新聞) などなど、各紙派手にやってます。問題の中心はやはり世界史らしいですね。必修教科…
トラックバック:6
コメント:2

続きを読むread more

君が代・日の丸と指導力不足教員

 本当にびっくりしました。いや、東京地裁の君が代・日の丸をめぐる判決のことです。まさか原告側が勝った上に違憲判決まで出るなんて、全く想像もしなかった。これは都教委だけでなく原告側弁護団もそう思っているのではないでしょうか。さらに、今日の朝刊には、指導力不足教員の認定状況がありました。どちらも微妙な問題です。  普段仕事をしている教…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

総合的学習の抜本的見直し?

 今回は、総合的な学習の時間について。ところで、少し前に週2回はこのブログを更新すると宣言したのに、週1回がやっとというていたらく。なんとか週2回は最低でも更新することを目指しますので、ご愛顧のほどを。  ということで、朝日新聞の記事です。 ◎総合的学習、根本的見直し 次期指導要綱(朝日新聞9月3日付)  「ゆとり教育」の柱に…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

学習指導要領改訂に遅れ

 今回はニュースのネタではないのですが、学習指導要領の改訂作業が大幅に遅れるのではないかという観測が流れているというお話です。  学習指導要領は、学校教育にとって最も大きな話題の一つなので、まだ推測の域を出ませんが、書いておいてもよいと思います。 ●教育基本法改正案の予想外の国会提出で改訂作業に狂い  教育基本法改正案について…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

民間委託される全国学力テスト

今回は、文部科学省が予定している全国学力テストのお話。といっても、実際の中身はいろいろな人がコメントしているし、大上段に振りかぶるのも私の役目ではないので、テーマは「風が吹けば桶屋が儲かる」です。 まず、全国学力テストの「風が吹けば、、、」は、最初に下のリンクを見てください。 ◎「全国的な学力調査を実施するための委託事業」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小学校英語のいいかげんさ

新学期でいろいろと学校は忙しいことでしょう。今日は小学校の英語教育について。まあ、詳しい話はもう既にご存知でしょうから、ちょっとその周辺部分を取り上げます。 ◎中教審外国語教育専門部会が小学校英語教育の必修化で報告  正式の報告書がみつからなかったので、3月27日の外国語部会の資料にリンクしていますが、中身はたいして正式版と変わ…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

教科書の特殊指定解除って何?

 今日はお彼岸の中日、いえ教科書の話題です。公正取引委員会が、教科書の「特殊指定」を廃止する手続きに入ったというニュースがありましたが、正直あまりピンときませんね。でも、これから大きな問題になるかも、、、。 ◎教科書では指定廃止手続き…「選択に影響」出版社反対  一般の人には関係ない話だし、ニュースを読んでも、何がなんだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小学校英語は31日に結論

さて今回は小学校の英語教育の問題です。ちなみに私は英語が苦手です。大学入試のために一応は勉強しましたが、大学の教養科目での英語に苦しみました。卒業してからもしばらくの間は、英語の試験で白紙のままの答案用紙を前に呆然としている夢を見てました。 ◎全国の公立小学校93%で英語教育 ●各紙とも取り上げていましたが、この数字をどう判…
トラックバック:5
コメント:4

続きを読むread more

学力低下批判は再び起きるか

 もうすぐ国税還付金がくる季節になります。フリーライターにとってこれは年に1回のボーナスのようなもの。でも、ほとんどが借金返済に飛んでいく、、、、  さて、今回も来春ごろに告示が予定されている新学習指導要領のお話。中教審の審議経過報告を読んだ方はお分かりだと思いますが、国語、算数・数学、英語の授業時間数増が示唆されている以外は、ほ…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

新学習指導要領はこうなる

だんだん暖かくなってきました。春眠なんとか。先日、文科省主催のシンポジウムでいびきをかきながら居眠りしてしまい、たいそうなひんしゅくをかってしまいました。教育雑誌の編集者も多数いたのにこの失敗、、、、、ライター生命の危機を感じている今日です。 今回は中教審審議経過報告を基に、新学習指導要領の予想を一つ。ただし、はずれても責任は持て…
トラックバック:3
コメント:3

続きを読むread more