斎藤剛史の教育ニュース観察日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 日々雑感・安倍首相と教育改革

<<   作成日時 : 2006/10/16 01:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

 夕飯を食べながらテレビを見ていたら、コメンテーターみたいな人物が教育再生会議の話題で、「再生というのは、前提として死んでいるということ。戦後教育は死んでいるんですよ」みたいなことを言ってました。

 ふうむ、、、、教育は死んでいるんだ。だったら、今現在、子どもたちが通っている学校ってなんなんだろう。ゾンビかね。。。。。こんな無責任なこと言ってお金もらえる人がうらやましい。

 ところで、ゾンビを生き返らせようという教育再生会議、というより安倍首相ですが、再生会議の話が具体的に報道され始めてからずっと、、、、、この人は本当に教育改革に熱意や問題意識を持っているのだろうか、という疑問を感じてました。

 全体から見れば委員の人選はバランスが悪い、、、、、「女王の教室」の主演女優に委員就任を打診して断られたという夕刊紙ネタがネットで飛び交ってますが、まさか本当じゃないでしょうね。本当にならすごいな。

 総裁選のときから掲げている教育バウチャーや教員免許更新制などの具体的検討テーマも、下村博文官房副長官に丸投げしたものという印象が強い。

 要するに安倍首相本人の言葉というか、教育に対する考えや理念が全く伝わってこないのです。でも、そう考えている人は私ばかりではなかったようです。

 安倍教育改革の真の狙いは?というのがありました。毎日新聞を退職した元記者の方が書いているものです。

 要するに安倍首相が見ているのは教育改革ではなく、その先にあるもの。つまり、改憲ということのようです。

 なるほど、こう説明されると教育再生会議がなぜ分かりづらいのかという理由がよく分かる。要するに教育自体よりも、その先にあるものに向けた布石ということですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スウェーデン保育園実習5日目。(5歳児)
ところで最近「旅ブログ」を作成しました。今までの旅行の画像が全てデジタル化されていないので画像は少ないですが、いい思い出のアルバムになるし、「口コミ」にももってこいです!私のサイトはコチラ ! スウェーデンでの保育園実習5日目は、2度目の5歳児クラスです。 ...続きを見る
幼児教育留学inSweden
2006/10/19 06:34
子どもを直撃する格差社会
昨日届いた月刊誌「クレスコ」11月号の特集が、「子どもを直撃する格差社会」です。 冒頭のインタビューは、経済アナリストの森永拓郎さんです。そこで話されたのは、次のようなことです。 政府・財界が推し進めた「構造改革」によって、この10年間で正社員は440万人減り、 ...続きを見る
mituruのはてな日記
2006/10/21 04:45
▼ イギリスの学校監査
学力の低下など多くの問題を抱える公立の学校を どう建て直すのか, 議論が始まっている。 イギリスはこの問題に20年程前から取り組んできた。 改革の中心となっているのが「学校監査」である。 授業のやり方はどうか, 生活指導に問題はないかなどについて 第三者の目で問題点を調べて取り組んできた。 結果はす... ...続きを見る
最新ニュースから
2006/11/17 11:17
幼児教育の効果
幼児教育が盛んな昨今ですが、幼児教育で求めるものは何でしょうか。大切なことは「知恵のある、情緒豊かな子」を育てることです。この知恵とは、考えたり、工夫したりして何かを創りだす力のことです。脳の発達から幼児教育を見ると、胎児のころから急成長する脳は、良い刺激を受けることで、神経細胞に刺激を伝達するシナプスという回路を張りめぐらすことになります。このシナプスの発達を促す刺激を与えることが幼児教育です。ですから、幼児教育を始める年齢はどんどんエスカレートしてきて、すごいところでは生... ...続きを見る
流行早耳情報局
2006/11/27 16:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日々雑感・安倍首相と教育改革 斎藤剛史の教育ニュース観察日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる