斎藤剛史の教育ニュース観察日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 履修不足、必修逃れと騒ぐ前に考えよう

<<   作成日時 : 2006/10/30 13:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 3

なんか、必修逃れ、履修不足に対する騒ぎを見ていたら、もうどうでもいいやという気分になってきた。いや、どうでもよくないのですけどね。

マスコミはじめ社会のみなさんは、正義を振りかざし、公立高校関係者を先祖代々にわたって処分しろとおっしゃる。当然ですけど、なぜ、、、、

そもそもなんで世界史をやらないのがいけないことなの。理由は、学習指導要領違反だけ。批判しているマスコミや評論家の中には、国旗・国歌の学習指導要領の規定に違反する人たちを支持している方々も多かったはず。乱暴な言い方だけど、どちらも学習指導要領違反に変わりないじゃないですか。

世界史は、国際社会に生きる日本人の教養として不可欠であり、それを大学受験のためにやらなかったという高校は絶対に許せないという議論なら分かる。でも、学習指導要領違反といって、正義振りかざすだけじゃね、、、、、

もし、学習指導要領に教科「奉仕」が必修と書いてあったら、

それをやらない高校を社会やマスコミは関係者全員処分しろと批判するだろうか。

高校は大学予備校ではない、、、、その通りです。でも、

一部の進学校を率先して大学予備校にしたのは誰、

二番手・三番手の進学校が進学率アップしないと生き残れないようにしたのは誰。


私立中高一貫校などの批判が出てこないのはなぜ。

書店に私立中高一貫校へ子どもを入れるための父親向け雑誌があふれているのはなぜ。

国を挙げて「学力向上」だと言っていた首相は誰。

そもそも、新聞や週刊誌で、
地方公立高校がこれからの東大受験の主役とか、

実力ある公立高校はここだとか、、、、、、はしゃいで特集してたのは誰。あなたがた、そんな公立高校を取材して記事載せてたのでしょう。


公立高校の一部(文科省調査だと公立全体の約一割)がやったことを擁護するつもりはさらさらないけど、

これで生徒の進学率がアップしたことは事実でしょう。

キリンに懸垂やれと言っても無理ですよ。


そもそも必修教科・科目って何。高校教育って何。私立と公立の格差って何。

処分だ処分だと騒ぐうちに、国全体が大事なことを忘れてしまっているんじゃないですか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
必履修科目の問題
 高校で世界史などの必履修科目を、履修させていない問題が生じている。 ...続きを見る
情報科教諭の憂鬱 ver.2.0
2006/10/30 17:12
富山県某高校の世界史履修の話
マスコミだよりの話なので事実関係はこれからもっとはっきりしてくるのだろうが、3教科の中から選択制にした構造は確からしいので、その点をたよりにちょっとメモしておく。 ...続きを見る
不良教諭YOのスクラップメモリー
2006/10/30 23:20
意外と響いている?いない?必修科目履修問題
法規上はマズイ。 でも、生徒、教諭個人の責任ではないなと思う。 いや、「責任がだれか?」なんて求めるだけで解決が図られる問題ではない。 ...続きを見る
不良教諭YOのスクラップメモリー
2006/10/30 23:20
履修不足?2006年の運勢だね
丙(ひのえ)で、太陽が真上にきたような運気だから、すべてがあからさまになるとういうか、影もなくなるというか、隠し事はばれるし、良くも悪くもはっきりしてくるんです。 ...続きを見る
占い師不要のラクラク占い術
2006/10/31 00:58
全国各地の高校での履修単位不足問題で高3男子が告発!
全国各地の高校での履修単位不足問題で高3男子が告発! ...続きを見る
ブログアフィリエト・投資・メルマガは金の...
2006/10/31 01:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
最悪です。ご存じだと思いますが、茨城の校長先生が自殺したそうです。

最悪です。
ついに…
2006/10/30 22:40
ご冥福をお祈りする、、、などと白々しいことは言えません。私は、見ず知らずの人の死を心から悲しむほどの聖人君子ではないので。

ただ、これから起きるであろうリアクションについては、言いっおきたいことがあります。それは、人の死は悼むものであり、利用するものではないと。

こんな死の報道に接するときに、私はいつも思います。私は加害者だったのではないかと。声を挙げなかったこと、声を挙げたこと、無関心でいたこと、そんなすべてを含めて、私は加害者だったのではないか。

抽象的な言い回しで恐縮ですが、このような死に対して、「自分は死にに追いやった側の人間ではないか」といつも感じているとしかコメントできません。ある意味、傲慢かもしれませんが。
カラ
2006/10/31 01:54
こんちわ。お久しぶりです。
世界史の問題
政治決着が図られましたね。
だから、公教育の改革を!
教育基本法の改正を!
という流れにするために
ことを大きくしたのかも
しれませんね。
silvia
2006/11/02 05:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
履修不足、必修逃れと騒ぐ前に考えよう 斎藤剛史の教育ニュース観察日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる